味噌の緩衝能

味噌

「緩衝能」(かんしょうのう)とは、本来のpHを保持する能力のこと。たとえば、水に酸・アルカリを添加するとpHが変化するが、味噌汁では変化が少ない。味噌の緩衝能には、味噌に含まれる有機酸、アミノ酸類、たんぱく質等が関与している。味噌汁に具材を入れてもpHの変動は少なく、「酢味噌」の場合は、酸味が和らぐ。

参考:『味噌と醤油 : 発酵と醸造 : 製造管理と分析』(発行/朝倉書店、著/東和男)

関連記事

  1. 味噌汁

    安全にみそ汁を楽しみましょう!加熱の際の「突沸」にご注意を

  2. アサリ味噌汁

    貝は水からor沸騰してから?どちらが正解?

  3. 味噌

    みそは、脱アレルゲン食品!?

  4. 味噌 文字

    「味噌」の文字に込められた思い

  5. 無病息災を願う恒例行事 盛松寺の「柚子みそ」

  6. 味噌の慣用句

    味噌にまつわる慣用句