【PR】舞台『オミソ』待望の再演!

2019年に上演し、好評を博した舞台『オミソ』が、今年いよいよ再演されます。老舗味噌屋を舞台に繰り広げられる、笑あり涙ありのヒューマンドラマ。家族や仲間、地域の人々とのつながりの大切さを改めて感じる作品です。

今年で15年目を迎える「日穏-bion-」は、女優の岩瀬顕子さんが企画・脚本・出演、たんじだいごさんが演出をプロデュースする劇団。戦争や差別、介護など社会問題をテーマにした心温まる作品を多く制作しています。

舞台『オミソ』は、バブル真っ只中の平成元年にタイムスリップした物語。若者は恋に遊びに大忙しですが、そんな浮かれた空気はどこ吹く風とばかりに、何十年も変わらぬ佇まいを見せる佐伯味噌屋。昔ながらの味噌づくりにこだわってきたものの、店主が急逝し店は存続の危機に瀕していました。

そんなある日、若い頃に家を飛び出した次男の浩次が帰って来ます。店を存続させるために自分が店を継ぐと話す浩次ですが、彼にはある思惑があったのです…。続きは舞台をお楽しみに!

2019年の初演時には、「家族や地域の人々とのつながりの大切さを改めて感じました」「観終わった後に最高に幸せな気持ちになり、生きるパワーをいただきました」など、多くの喜びの声が挙がりました。

味噌の魅力や平成あるあるネタも随所に盛り込まれているのも見どころの一つ。NHK朝ドラの楽曲も手掛ける林ゆうきさんが音楽を担当するなど、さらにパワーアップしています。

「何気ない日常の中に、人を笑わせ、涙させるドラマがたくさんあります。舞台を見てくれた方が、生命の尊さを感じてもらえたら…。そんな思いで日頃から作品づくりに打ち込んでいます。私自身味噌汁を思うと、祖父母も入れて8人という大家族で食卓を囲んでいた風景が脳裏に蘇ります。きっと、家族に会いたいな、一緒に味噌汁を飲みたいな、と思ってもらえると思います」と語る岩瀬さん。

【公演日程】
●東京公演
2023年8月25日(金)~9月3日(日)
赤坂レッドシアター

●宇都宮公演
2023年9月8日(金)・9日(土)
栃木県総合文化センターサブホール

●富山公演
2023年9月15日(金)・16日(土)
富山県民小劇場ORBIS

舞台の詳細、チケットの購入については、公式サイトをご覧ください。

【協賛】
蔵代味噌

岩瀬顕子●いわせあきこ
アメリカ・バージニア州立ウィリアム&メアリー大学国際関係学部卒業。青年座研究所実習科を卒業後、舞台を中心に活動。近年は日本の映画やドラマの他、ハリウッド映画にも出演しており、ジョニー・デップ主演の映画「MINAMATA」では象徴的な役を演じ、2020年2月のベルリン国際映画祭でジョニー・デップ氏や真田広之氏らと共にレッドカーペットを歩く。

脚本家としては日穏作品以外にも、アップスアカデミー公演や、人気テレビドラマの脚本を執筆。2017年、短編作品のコンペティション「劇王東京III」で優勝後、全国大会となる「第2回神奈川かもめ短編演劇祭」に東京代表として出場し、「戯曲賞」と「俳優賞」をダブル受賞。近年は映画のプロデュースも手がけ、2021年に中編映画「月の海」を製作、脚本、主演。

関連記事

  1. 【告知】4月29日(土)親子で楽しくウェルビーイング!DEARWELL祭

  2. 【味噌の店】代々木八幡駅近く。マスターの人情味あふれる「Haccho MISO Bar」

  3. 伝説のヴィンテージ味噌がついに底をついた。新しく生まれ変わった「とこしえ味噌かりんとう」

  4. 留学生がみそまる体験in中央情報専門学校(2019)

  5. 発酵蔵かもし堂 外観

    発酵食品のおいしさをお弁当に!「発酵蔵かもし堂」

  6. 冷凍パンのPan&から「きのこの和風みそクリームスープ」が新発売