EASY VEGANから「植物性肉味噌」が新発売!

茨城県つくば市でイタリア料理の飲食店を経営している東京バルは、えんどう豆のたんぱく質からできた植物性100%の「植物性肉味噌」を新発売。地元茨城県の醤油や味噌などを使って味付けしてあり、そのままご飯にかけたり、野菜炒めに加えたり、少しのアレンジでさまざまな料理に使えるお役立ちアイテムです。

「おいしく気軽に楽しんでもらいたい」という思い

東京バルの食品開発事業として生まれたブランド「EASY VEGAN」のコンセプトは、“動物・自然・人・社会すべてをリスペクトし、繋がり合い、みんなが生きやすい世の中にしたい”というもの。プラントベース食品をおいしく気軽に楽しんでもらいたいとの思いで始まりました。

人気商品は、酒粕を使用した植物性パルメザンチーズ風の「FLAKE」。数あるヴィーガンチーズの中でもおいしいと高評価で、「食べるJAPAN」美味アワード2023では「外食産業新聞社賞」を受賞。新商品の「植物性肉味噌」は、美味アワードの認定商品となりました。

「植物性肉味噌」開発秘話

健康志向や環境への配慮といった観点からも注目を集めている代替肉。日本では大豆由来のものが一般的ですが、欧米では“ソイフリー”のトレンドがあり、えんどう豆を使ったものが主流。EASY VEGANでもグローバル基準に合わせ、カナダ産のえんどう豆のたんぱく質からつくられた代替肉を使用しています。

代替肉を取り入れたいけど調理が難しい、毎日の献立に取り入れられるものが欲しい、子どもにも安心して食べさせられるアイテムが欲しいなど、お客様の声から生まれた商品が「植物性肉味噌」です。

伝統的な木樽で仕込んだ醤油や味噌を使用

「植物性肉味噌」は、化学調味料不使用にこだわり、醤油や味噌、本みりんやお酒で味付け。椎茸やニンニク、生姜、ごま油などの風味豊かな食材を使用しています。

味噌は、茨城県牛久市「ヤマイチ味噌」の木桶仕込みの米味噌を使用。醤油は、関東の醤油の三大名醸地と言われた土浦で300年以上続く老舗「柴沼醤油醸造」のものです。

プラントベースの食事のきっかけに

茨城県では、令和元年度に「いばらきグローバルビジネス推進協議会」が設立され、海外でのビジネスにチャレンジする中小企業・農業者等を支援しています。EASY VEGANもこのサポートを受け、シンガポールや台湾、スペイン、アメリカなどへの輸出を開始。日本ならではの発酵食品を使った文化的なストーリーや日本製の素材の良さが好評で、Vegan Sushi(ヴィーガン寿司)の具材としても人気です。

また、茨城県では干し芋の生産が盛んで、皮の廃棄は県としても大きな課題。今後は廃棄素材を活用した栄養価の高いお菓子などの商品開発にも力を入れていくとのこと。「ヴィーガンの方もそうでない方も、プラントベースの食事を楽しめるきっかけになったらうれしいです」と取締役の筒井玲子さん。「植物性肉味噌」は、EASY VEGANのECサイトで購入できます。

文/秋山昭代

関連記事

  1. ダイエー小平店「みそまる体験会」

  2. 【PR】舞台『オミソ』待望の再演!

  3. 味噌ファン必訪の民宿!味噌鍋が名物「大原の里」

  4. 超絶カワイイ“みそ味”かき氷 ぱくぱく くもくま堂

  5. MICE 事業で日本や地域をPR 「みそまるde おもてなし」提案

  6. 南島原市のみそ五郎 マスク

    あの伝説の大男「みそ五郎」マスク着用で感染防止