第1回講談社ラノベ文庫新人賞 大賞受賞作『魔法使いなら味噌を食え』

「味噌MISO」と「魔法」を題材にした痛快コメディ。物語は、魔法がMISO で効力を失ってしまう世界で、主人公八丁屋将太と魔法の国マジエールのプリンセスであるアルテミシアを軸として、2 人を取り巻く人々により展開。受賞理由は、 テンポの良さ、イラストのかわいさ、魔法設定と味噌のユニークさ…。読むと味噌が恋しくて、食べたくなるから不思議。

『魔法使いなら味噌を食え』講談社ラノベ文庫
全4 巻完結 著:澄守彩 イラスト:シロウ

関連記事

  1. 江戸料理研究家・車浮代さん新刊 『1 日1 杯の味噌汁が体を守る』

  2. 『一椀でおなかも心も大満足 具たっぷりのおかずみそ汁』

  3. 『簡単みそづくりからはじめる カラダがよろこぶ魔法のこうじレシピ』

  4. 六甲味噌製造所

    大手前大学×六甲味噌 マンガで伝えるみその魅力

  5. 渡邊敦光先生の新刊発売「1日2杯のみそ汁で健康寿命を延ばす!」

  6. 料理研究家・松田美智子の『万能!にんにくみそ床レシピ』