幻の味を後世へ 珠洲伝統の味「ぶり味噌」

珠洲市の体験宿泊施設「木ノ浦ビレッジ」では、伝統の味を後世に伝えることを目的に、「ぶり味噌」づくりを毎年1 月に実施。ぶりのあらを洗い、幻の地豆「大浜大豆」、塩、麹、みそを合わせ発酵させる。味の決め手は分量ではなく長年の勘。お湯に溶いて海藻をしゃぶしゃぶして食べるのが恒例だ。

木ノ浦ビレッジ

Kinoura Village in Suzu City makes Buri Miso, made with yellowtail and miso, every January
to hand down the traditional food of the city to posterity.

関連記事

  1. ひかり味噌・環境配慮型パッケージにリニューアル

  2. 2019年の注目は? 「トレンド鍋®」は “発酵鍋”

  3. 味噌づくりを通じて、地域が集える場所を

  4. 個性豊かな5地域のみそを徹底分析!「みそ焼きおにぎり」食べ比べレポートが興味深い

  5. ひかり味噌

    医師100人中98人が勧めたいと回答「円熟こうじみそ」シリーズ※

  6. ためになる「うんちくアニメ味噌」YouTube で無料配信中