幻の味を後世へ 珠洲伝統の味「ぶり味噌」

珠洲市の体験宿泊施設「木ノ浦ビレッジ」では、伝統の味を後世に伝えることを目的に、「ぶり味噌」づくりを毎年1 月に実施。ぶりのあらを洗い、幻の地豆「大浜大豆」、塩、麹、みそを合わせ発酵させる。味の決め手は分量ではなく長年の勘。お湯に溶いて海藻をしゃぶしゃぶして食べるのが恒例だ。

木ノ浦ビレッジ

Kinoura Village in Suzu City makes Buri Miso, made with yellowtail and miso, every January
to hand down the traditional food of the city to posterity.

関連記事

  1. 日本中が涙したベストセラー「はなちゃんのみそ汁」が 映画化!

  2. SHIBUMMY 本格始動「みそ汁ドリップ」で新たな魅力発信!

  3. 2019年の注目は? 「トレンド鍋®」は “発酵鍋”

  4. 今が旬のチャレンジレシピ 東京多摩青果「いちごみそ」

  5. ごはんと味噌汁が命を救う?JR 東日本「生きる支援」キャンペーン

  6. 山高味噌・国産コシヒカリ米100%の風味豊かな本格あま酒