猫のひたいほどワイド「みそ漬イリュージョン」

猫のひたいほどワイド

毎月、レギュラー出演中のtvk「猫のひたいほどワイド」2019年1月17日の放送では、ミソガールがマジシャンに変装し、「みそ漬イリュージョン」を披露。肉や魚、野菜、豆腐、チーズなどを、「みそ床」に漬けるだけで、びっくりするほどおいしくなるから不思議!

猫のひたいほどワイド

スタジオでは、鮭のみそ漬けのつくり方をレクチャー。100円の鮭も1000円の味!?と、MCでミソボーイを自称する藤田玲さんも驚きの様子。

猫のひたいほどワイド

タネ明かしは、チョー簡単。みそ3:みりん1(水でもOK)を混ぜて「みそ床」をつくったら、あとは食材を漬けるだけ。肉や魚なら半日~1日、卵黄や豆腐は3~4日漬けるのがおすすめ。

みそのマスキング効果で魚の生臭さが消え、素材のおいしさを引き立てます。また、酵素のはたらきにより、魚のタンパク質が分解され、プリッと旨味を凝縮し、ジューシーに仕上げてくれます。

株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデルを経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。『みそまる』(宝島社)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等著書多数。※サイトに掲載している記事は取材当時の情報のため、現在と内容が変わっている可能性がございます。