渡邊敦光先生2冊同時発刊!

みその機能性について長年研究を続ける、広島大学名誉教授・渡邊敦光先生の待望の新刊が発刊されました。みそ情報を網羅した、みそファン必見の書籍です。2012年に『味噌力』(かんき出版)を出版後、当時はまだ解明されていなかった血圧や血糖値を下げる成分を発見したほか、昨年はみその脳卒中予防効果を発表した、広島大学名誉教授・渡邊敦光先生。

味噌をまいにち使って健康になる』(キクロス出版)は、渡邊先生が30 年にわたる研究から明らかにしてきたみその効能に加え、みその基本からトレンド情報までを網羅。『味噌大全』(東京堂出版)は全256 ページとページ数が多く、みその歴史からつくり方、種類、ことわざや文学、レシピなど、あらゆるみそに関しての情報をまとめたもので、「事典」的な書です。「今の食生活は20 年後の人生に影響するといっても過言ではありません。だからこそ、毎日の『ごはんとみそ汁』が大切。今日から「みそを毎日使って健康になる」を実践してください」(渡邊先生談)。

渡邊敦光●プロフィール
1940年福岡県生まれ。熊本大学理学部卒。九州大学大学院博士課程理学研究科修了。理学博士、医学博士。広島大学原爆放射能医学研究所助手を経て、1996年教授に。欧米で放射線生物学の研究を重ね、2004年に退官後も、名誉教授として研究を続行。

関連記事

  1. 郡司味噌漬物店創業者が提案する「赤白みその使いこなしレシピ」

  2. 『一椀でおなかも心も大満足 具たっぷりのおかずみそ汁』

  3. 世界一カンタンな味噌作り!『からだが整う〝ひと晩発酵みそ〟』

  4. 松生恒夫監修 味噌レシピで「腸内リセット」

  5. 江戸料理研究家・車浮代さん新刊 『1 日1 杯の味噌汁が体を守る』

  6. 『醤油・味噌・酢はすごい 三大発酵調味料と日本人』