味噌ファン必訪のテーマパーク「みそぱーく」

みそぱーく 蔵

愛知県西尾市にある「みそぱーく」は、江戸時代後期からの伝統を受け継ぐ醸造元「はと屋」が運営する味噌のテーマパークだ。見る、体験する、買う…五感をフル稼働して楽しめるコンテンツが盛りだくさん。味噌ファンはもちろん、親子でも楽しめるため、食育の一環としても最適の場所。駐車場完備、名鉄西尾駅から徒歩7分とアクセスのよさも抜群だ。

西尾市吾妻町21-1 TEL0563-56-7373
〈営業時間〉9:00〜17:00 〈休業日〉日曜・年末年始・お盆

【蔵見学】

仕込み作業時は除き、随時、蔵の見学が可能だ。間近で見る巨大な木桶は迫力満点。たくさんの積み石は、豆味噌の発酵を均一に行うための重し。石積みは職人技だ。10人以上で、ガイド付きの見学も可能。記念写真はインスタ映え必至。SNSでシェアしちゃおう! なお、納豆菌は繁殖力が強いため、見学の日は納豆を食べるのを控えるのがマナー。

見学時間/10:00 ~15:00  料金/無料
※予約不要、希望の方は下記売店まで。ガイド付きを希望の場合は、要予約。

【体験】

体験館では、麩や高野豆腐でかわいくトッピングした「みそまるづくり」ほか、酢や油、調味料を選んで「オリジナルドレッシングづくり」が体験できる。スタッフが丁寧に教えてくれるので、子どもにも大人気。

料金/みそまる・ドレッシング各1人1000円(税込)
※1週間前までに要予約、5名以上から受付。

【売店】

蔵売店では、看板商品である「参年仕込」(下記)や「たまり醤油」「白醤油」ほか、味噌だれ、おかず味噌、味噌ドレッシングなど、多数のオリジナル商品が並ぶ。お気に入りの一品を探そう。オンラインショップでも購入可。

濃厚な旨味、ほどよい渋みと酸味が特長。味噌汁はもちろん、煮込んでも風味が飛ばないため煮込み料理にも最適!

味噌汁は家庭の基本

台所から香るダシの匂い、トントンというまな板の音、お母さんの声…。家族で食べる朝ごはんは、五感を刺激し、知らず知らずのうちに人間力を高めてくれます。そんな当たり前だった光景も変化し、近年は、コンビニ弁当、カップ麺、スナック菓子で食事を済ませる子どもたちが増えています。子どもたちを取り巻くさまざまな問題も、根本は家庭の食卓のあり方に起因するのではないでしょうか。今、食事のあり方を考える時期にきていると思います。醸造元として、味噌をつくり提供するだけでなく、味噌の情報をPRするため「みそぱーく」をつくりました。オープン後10年を過ぎ、体験教室に手応えを感じています。体験で味噌に接する子どもたちは、とても楽しそうです。これからも味噌の楽しみ方を積極的に提案し、可能性を広げていきます。

はと屋 代表取締役 鳥山欽示さん

関連記事

  1. 注目のKAWAII みそ、マルコメ2016年春夏新商品発表会

  2. 毎月恒例「みその日」は松亀味噌で味噌詰め放題に挑戦!

  3. みそカツ駅弁ブームの火付け役 名古屋だるま「びっくりみそかつ」

  4. ひかり味噌

    医師98人中100 人が勧めたいと回答「円熟こうじみそ」シリーズ※

  5. 個性豊かな5地域のみそを徹底分析!「みそ焼きおにぎり」食べ比べレポートが興味深い

  6. 今が旬のチャレンジレシピ 東京多摩青果「いちごみそ」